大仁田厚が米球場で電流爆破デスマッチ「AEWよ、メイド・イン・ジャパンの本当の電流爆破を見せてやる」

スポーツ報知
大仁田VSトレモント

 大仁田厚が、米ニュージャージー州トレントン・サンダー球場で電流爆破デスマッチを行うことが決定した。10月31日(日本時間11月1日)に、大仁田のFMW‐Eと米ハードコア団体H2Oが開催し、大会名は「DESTINY(運命)」。同球場は昨年までMLBニューヨーク・ヤンキース傘下の2Aトレントン・サンダーの本拠地で、大仁田は米ハードコアファイター、マット・トレモントとシングルマッチを行う。

 トレモントは9歳のときに、映像で見た大仁田にあこがれてプロレスラーとなり、昨年10月に引退していたが、この一戦のために復帰する。米国での電流爆破は17年8月5日(現地時間)に、ニュージャージー州フライヤースケートゾーンでのCZW大会で、大仁田が雷神矢口、保坂秀樹と組んで、トレモント、リッキー・シェーン・ペイジ、ダニー・ハボック組と対戦したのがルーツ。今年3月7日(同)には、AEWがフロリダ州でケニー・オメガVSジョン・モクスリーのAEW世界選手権が有刺鉄線電流爆破デスマッチで実施されたが、いずれも米国の業者が爆破を担当し、日本での迫力は出せなかった。

 大仁田は今年7月に爆破に特化した新団体FMW‐Eを旗揚げ。ネット配信したところ、視聴者の6割が北米のファンで「ライブでオーニタの電流爆破を見たい」とのリクエストが多数寄せられた。

 大仁田は「AEWのとき、俺は応援メッセージは送ったが、AEWが独自に電流爆破の用意をして、俺はまったくかかわっていないんだ。だけど、結果的にしょぼい爆破でファンがガッカリしたことに、俺も残念で責任を感じてしまっていた。でも、AEWのしょっぱい爆破のおかげで、全米のファンが俺を再評価してくれた。こうなったら、今度こそはオリジナルの電流爆破で全米のプロレスファンを驚かせてやるよ。『AEWよ、これがメイド・イン・ジャパンの本当の電流爆破じゃ!』ってものを見せてやるよ」と意気込んだ。この試合の模様はIWTVにてPPV生中継される。

格闘技

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請