新横綱・照ノ富士、無傷の5連勝 霧馬山の善戦も冷静 審判長も「力強さと我慢強さ、盤石」

スポーツ報知
霧馬山を寄り切りで下した照ノ富士

◆大相撲 ▽秋場所5日目(16日、東京・両国国技館)

 新横綱の照ノ富士(伊勢ケ浜)は、西前頭2枚目・霧馬山(陸奥)を寄り切りで下して無傷の5連勝。三役以上では唯一の無敗を守った。

 ここまで圧倒的な強さを見せつけている照ノ富士。この日は霧馬山に横に付かれ、もろ差しも許すなど1分超の相撲に持ち込まれたが、最後は左を差し込み一気に寄り切った。「慌てずにやれたかな」と堂々の白星。「落ち着いて取るしか考えてない」と、横綱相撲を見せつけた。

 土俵下の高田川審判長(元関脇・安芸乃島)も「(相手に)いい体勢にならせたけど、自分の形になるまでじっくり我慢した。力強さと我慢強さ、盤石。石橋をたたいて渡るような」とうなった一番。序盤を土つかずで終えた照ノ富士は「一日一番に集中してやってますから」と、淡々としていた。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請