日本男子 格下中国の高さに屈し今大会初黒星…バレーボールアジア選手権

石川祐希(ロイター)
石川祐希(ロイター)

◆バレーボール ▽男子アジア選手権 第4日 中国 3(25―19、27―29、25―21、25―19)1 日本(16日、千葉ポートアリーナ)

 2次リーグ(L)E組で日本は中国に1―3で手痛い1敗を喫した。日本は序盤から身長205センチの江川主将を始めとした2メートルを超える中国選手の高さと、サーブなどでのミスから失点を重ねる苦しい展開。第2セットは石川祐希主将のサービスエースなどで29―27とものにし、第4セットでも宮浦健人が相手ブロックに止められ、膝に当てた浮き球を石川がツーアタックで決めるなど、随所で良さも見せた。だが、第4セットでは宮浦や石川が連続でブロックされるなど、主導権を最後までつかめなかった。

 同リーグは1次L上位チームが同Lの当該対戦を持ち越して、別組の上位チームと対戦する。日本は1次Lでカタールにストレート勝ちを収めており、この敗戦で1勝1敗のタイに。E組は日本の前に、カタールがオーストラリアにストレート勝ちしており、大混戦。上位2チームに与えられる来年の世界選手権進出のためには、17日のオーストラリア戦は絶対に落とせない一戦となった。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請