貴景勝、埼玉栄高の後輩を下し2連勝 会心の一番、八角理事長も「勝つと気持ちも前向きになる」

スポーツ報知
琴ノ若を押し出しで下した貴景勝(カメラ・森田 俊弥)

◆大相撲 ▽秋場所5日目(16日、東京・両国国技館)

 大関・貴景勝(常盤山)は今場所自己最高位の西前頭3枚目・琴ノ若(佐渡ケ嶽)を押し出しで下して2勝目。カド番で迎えた今場所、初日から3連敗としていたが4日目から白星を並べた。

 立ち合い低く当たると出足も十分。休まず前に出て、持ち前の突き押し相撲で圧倒した。取組後は「また明日頑張ります」と、すぐに切り替え。初日から3連敗としていた今場所、この日の会心の一番に八角理事長(元横綱・北勝海)は「開き直ったのだろう。勝つと気持ちも前向きになる。いい流れになってくれれば」とうなずいた。

 埼玉栄高の後輩でもある琴ノ若の初挑戦を受けた。「埼玉栄なので、やれることはうれしい」と率直な思い。ただ、土俵に私情を持ち込むことはなく、「自分がどうしていくか、どうやっていくかだけを考えて。あんまり人は関係ないです」とキッパリ。中盤以降に向け、「集中して、頑張ります」と気合を入れた。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請