侍・稲葉篤紀監督、ソフト日本代表・宇津木麗華監督が福島訪問し、恩返し再訪プランを披露

スポーツ報知
内堀福島県知事(左から3人目)を表敬訪問した侍ジャパン稲葉監督(左から2人目)とソフトボール日本代表宇津木監督(左から4人目)

 東京五輪で共に金メダルを獲得した侍ジャパンの稲葉篤紀監督と、ソフトボール日本代表の宇津木麗華監督が16日、初戦を行った福島・あづま球場で内堀雅雄県知事を表敬訪問した。

 稲葉監督は「野球とソフトボールが、金メダルを取れた。いずれ何か恩返しができれば良いですし、子供たちの喜ぶことができれば。やっぱり、ソフトボールも野球もこの(金メダル)メンバーが集まって一緒になって教室や何かイベントをやったりとか」と、再訪プランを披露した。

 宇津木監督も「これから子供たちもこのグラウンドに来たら侍の金メダルとソフトジャパンの金メダルで一つになれる」と同調。さらに「ここのお米が一番おいしかったと、選手も言っていました。桃も毎日食べました」と、笑顔で福島県産の食べ物を絶賛し、感謝を伝えた。

 内堀県知事からは今後の代表合宿や、壮行試合の開催を要望された。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請