野田聖子氏が出馬を表明「しっかりと仲間と頑張っていくことをお約束します」

自民党本部で総裁選への出馬表明をした野田聖子氏
自民党本部で総裁選への出馬表明をした野田聖子氏

 自民党の野田聖子幹事長代行は15日、自民党本部で記者会見し、総裁選(17日告示、29日投開票)への立候補を正式表明した。8日には高市早苗前総務相が立候補を表明しており、総裁選では初めて女性2人を含む4人の候補者が争うことになる。

 「この度総裁選に必要な推薦人20人を整えていただきまして、私、野田聖子、この度の総裁選挙に出馬をさせていただくことになりました」17日の告示を目前に控え、ギリギリ滑り込んだ野田氏は会見冒頭で決意をにじませた。

 総裁選には並々ならぬ思いがある。これまでにも過去3回、出馬を考えたことがあったが、推薦人の確保が難航し、断念せざるを得なかった。

 今回の出馬については、「2日ほど前から、やはり各候補者の様々な政策、大変すばらしいものばかりなんですけれども、私が政治家として取り組んできている小さき者、弱き者、その人たちを奮い立たせるような政策がなかなか見つけ出すことができなかった」と説明。

 政策については、「次の日本を作るためにこれまで主役になれなかった女性、子ども、高齢者、障害者、しっかりとこの社会のなかで生きていける、生きる価値があるんだというそういう保守の政治を自民党の中でつくりあげていきたいと思います」と話したが、具体的な内容については明日からの論戦の中で披露するという。

 終盤にいくほど話す声にも力が入り、「微力ですけれども、しっかりと仲間と、がんばっていくことをお約束します。なお、これからしっかりと明日に向けて準備をしたいと思います。よろしくおねがいします!」と気合いを入れた口調で会見を締めた。

社会

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請