【DeNA】山崎康晃「しっかり考えたい」国内FA権取得 メジャー挑戦の野望も

スポーツ報知
山崎康晃

 DeNAの山崎康晃投手が16日、出場登録日数が7年に達し、国内フリーエージェント(FA)権の取得条件を満たした。山崎は球団を通して「このような権利を取得でき、とても光栄です。7年間かけて得た大切な権利なので、しっかり考えたいと思います。身体を丈夫に産んでくれた母に感謝しています」とコメントした。

 山崎は帝京高、亜大を経て14年のドラフト1位でDeNA入り。1年目の15年からいきなり抑えに抜てきされると、37セーブを挙げて新人王に輝いた。18、19年には最多セーブ。昨季途中から不振のため配置転換になったが、今季は主に8回を担うセットアッパーとして、チーム最多51試合に登板し、3勝1敗27ホールドで防御率2・55の成績を残している。東京五輪では侍ジャパン入りし、金メダル獲得にも貢献した。

 山崎はかねてメジャー挑戦への思いを明らかにしてきた。19年シーズン後の契約更改で「挑戦したい気持ちを素直に伝えました」と明かすと、20年12月にも「やっぱり強くあります」と話していた。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請