【阪神】一日でウエスタン首位返り咲き 藤浪晋太郎が6回11K 佐藤輝明はマルチ安打

スポーツ報知
6回4安打1失点11Kと好投した阪神先発・藤浪晋太郎

◆ウエスタン・リーグ 阪神2―1ソフトバンク(16日・甲子園)

 阪神2軍が1試合でウエスタン首位に返り咲いた。2位・ソフトバンクとは0ゲーム差だが、勝率で再び上回った。

 2回、先発の藤浪が高田に先制の左前適時打を許したが、4回に先頭の佐藤輝が2軍戦11打席ぶり安打となる右前打を放つと、1死二、三塁から栄枝の打球は高く弾んで中前へ。逆転の2点適時打となった。

 先発の藤浪は10日の2軍降格後初戦で6回4安打1失点。最速157キロで11奪三振の内容だった。打撃不振で2軍調整中の佐藤輝は8回にも右前打をマークし、4打数2安打。試合前には井上ヘッドコーチから直接指導を受け、降格後4試合目で初のマルチ安打とした。

 チームは15日にソフトバンクとの直接対決に敗れ、引き分けを挟んだファーム新記録の連勝が18でストップ。さらに2位転落となったが、再び首位に浮上。現在、1軍もセ・リーグの首位に立っており、“親子優勝”も見えてきた。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請