【阪神】佐藤輝明、2軍戦11打席ぶり安打 試合前には井上一樹ヘッドコーチから助言

スポーツ報知
4回無死、右前安打を放つ佐藤輝明(捕手は渡辺陸)

◆ウエスタン・リーグ 阪神―ソフトバンク(16日・甲子園)

 打撃不振で2軍調整中の阪神・佐藤輝明内野手が、11打席ぶりの安打を放った。

 「4番・三塁」で先発出場。1点を追う4回先頭。左腕・川原の148キロ直球を捉え、右前打とした。プロ初めての2軍降格後、最初の試合となった11日のウエスタン・広島戦(甲子園)で6回に左中間フェンス直撃の二塁打をマークして以来の快音だった。

 初回2死一塁で杉山の154キロ直球に空振り三振。15日から3打席連続三振を喫したが、次の打席で修正。この日の試合前には帰阪直後に駆けつけた井上ヘッドコーチから足の上げ方などを指導されていた。

 すでに田淵幸一の球団新人記録を更新する23本塁打を放っている怪物ルーキーだが、1軍では自己ワーストの35打席連続無安打となり、10日に登録抹消。1軍復帰に向け、一から再出発を切っている。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請