菅義偉首相、インスタで総理就任1年を報告…未来世代へ「道筋をつけることができた」

スポーツ報知
菅義偉首相のインスタグラム(@suga.yoshihide)より

 菅義偉首相が16日、自身のインスタグラムを更新。首相就任から1年を迎えたことを報告した。

 菅首相は「本日、総理就任から1年を迎えました。『国民の皆様の命と暮らしを守る』これを最優先に、1日も忘れることなく、新型コロナ対策に明け暮れた1年でした」と振り返った。

 そのうえで「全国的に感染者数は減少傾向ですが、油断することなく、現場の声に耳を傾け、医療体制を確保し、ワクチン接種に全力を挙げます。皆様方のお陰様で、1回目の接種はアメリカを超え、2回目の接種もアメリカと並ぶところまで来ています。国民の皆様の不安を1日も早くなくし、かつての生活を取り戻すことができるよう、取り組んでまいります」と対策に力を注ぐことをあらためてつづった。

 さらに「また長期の課題にも挑戦しました。グリーン、デジタル、不妊治療、そして高齢者の医療費改革など、未来を担う世代のための道筋をつけることができたと思います。さらにアルプス処理水など、先送りできない課題にも、政府として対応することができました」と、自身が取り組んだ成果にも言及。

 「最後の1日まで、『国民のために働く内閣』として、全力で働いてまいります」と結んだ。

 フォロワーからは「頑張ってください。応援しています」「ずっと大好きです!応援してます!」「ありがとうございます」などのコメントが集中していた。

社会

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請