ツインズ・前田健太が右肘靭帯手術後の経過を語る 「リハビリも順調に進んでいる」

前田健太(ロイター)
前田健太(ロイター)

 右肘側副靭帯手術から2週間が経過したツインズ・前田健太投手が15日(日本時間16日)、リハビリ先のテキサス州ダラスから、オンライン会見に応じ、術後の経過などを明かした。前田は今月1日(同2日)に当地で、従来の通称トミー・ジョン(靭帯再建)手術に、体内装置を伴うインターナル・ブレイス(IB法)をミックスしたハイブリッド手術を日本人として初めて受けた。現在はギプスを常着。前日抜糸も済み、リハビリの初期段階は順調だ。

 痛々しいギプス姿だったが、前田の表情は明るかった。「手術が成功に終わって、リハビリもスタートし、順調に進んでいる。復帰はまだ先だけれど、前向きな気持ちで日々過ごすことができている」と話した。

 病院に隣接するクリニックで午前中、2、3時間のリハビリを行うのが日課。「これまでは軽く握ったり、少し手首を回す程度だったが、昨日抜糸をして汗をかけるようになったので、今後は負荷を掛け、下半身のトレーニングも始められる。ある程度の角度までひねると痛みはあるが、少しずつ可動域を広げていく」と現状を語った。

 早期かつ安定した復帰が可能とされるIB法を併用した手術を施術。右手首から採った靭帯を移植すると同時に人工靭帯を装着するハイブリッド手術を受けたのは、日本人初という。

 「セカンドオピニオンを聞いた時に提案され、もし、トミー・ジョン(TJ)になったら(IB法と)ダブルでと、お願いしていた。普通のTJ手術より、人工の靭帯を入れることで強化して戻れるし、リハビリの過程もスムーズになると聞いている。新しい手術で参考例は少ないが、今後は主流になっていくと思う」。最新手術法における日本人投手のパイオニアになったが、個人差もあり、復帰については、先を見すぎないよう戒める。

 「もしかしたら、(2022年復帰の)可能性があるかもしれないが、リハビリの進み具合をみていく。来年投げられればベストだけれど、過程を大切にしないといけない」と慎重だ。

 利き腕が使えず、左手で箸を使うなど、日常生活は苦労が耐えないが、「ようやく生活に慣れてきて、少しずつストレスは減ってきた」と前向きに話した。ツインズの試合はテレビ観戦し、「野球から離れず、モチベーションを保ち続けたい」と、先を見据える。キプスは今後、約1か月間は常着し、ダラスでのリハビリは10月末まで予定されている。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請