【オリックス】今季ワーストタイ4連敗16日にも自力V消滅危機…中嶋監督「勝つ時も、負ける時もある」

楽天に大敗し、ベンチで暗い表情の(右から)ジョーンズ、Tー岡田らオリックス・ナイン(カメラ・関口 俊明)
楽天に大敗し、ベンチで暗い表情の(右から)ジョーンズ、Tー岡田らオリックス・ナイン(カメラ・関口 俊明)

◆パ・リーグ 楽天7―0オリックス(15日・楽天生命パーク)

 苦々しい敗戦で窮地に立たされた。「勝つ時も、負ける時もあるんで。それで別に、一喜一憂するわけじゃないんで」。今季ワーストタイ、3度目の4連敗。16日にも自力優勝の可能性が消滅するが、中嶋監督は前だけを見据えて言った。

 連敗中はたった計2得点。この夜も貧打だった。初回2死一、三塁でT―岡田が見逃し三振。2回1死二、三塁もつぶすと、相手先発の滝中を7回までスイスイと泳がせた。6回はジョーンズ、T―岡田、モヤの中軸が計5球で3者凡退。沈黙は最後まで続き、ゼロ封負けも4度目となった。

 「自分らの形を思い出してやるしかない」と中嶋監督は訴えかけた。吉田正の離脱後は2勝6敗1分け。主砲不在がモロに響き、首位をロッテに明け渡した8日から1週間で4ゲーム差にまで広げられた。2分けを挟んでカード5連敗の3位・楽天とも1差。踏ん張りを利かせられるかが重要だ。(長田 亨)

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請