【阪神】粘りの虎どこへ…満塁機7連続0点、サンズ一打逆転の場面で3球三振

8回2死満塁、ジェリー・サンズが空振り三振に倒れる(カメラ・岩崎 龍一)
8回2死満塁、ジェリー・サンズが空振り三振に倒れる(カメラ・岩崎 龍一)

◆JERAセ・リーグ ヤクルト1―0阪神(15日・神宮)

 絶好機のはずが、金縛りにかかったように快音が響かない。象徴的なシーンは0―1の8回2死満塁だ。サンズは一打逆転の場面で低めフォークにバットが止まらず3球三振。矢野監督は「(走者を)かえす打者というところで、誰か(の調子が)上がってこないとちょっと厳しい」と嘆いた。今季9度目の完封負けで2位のヤクルト、3位の巨人ともに2・5ゲーム差に迫られた。

 粘りが信条の虎打線が“満塁地獄”に陥っている。この日は1点を追う6回2死満塁でも、S砲が試合前の時点で今季7打数6安打と好相性のはずの小川に左飛に仕留められた。前夜は9回にマルテが同点3ランを放って奇跡的なドローに持ち込んだが、塁を埋めた好機では、のべ打者4人が凡退。11日の広島戦(マツダ)から7打席連続で「H」ランプをともすどころか、得点も挙げられない事態だ。

 1番・近本が3安打すべて無死から放つなど、5イニングで先頭打者を出しながら、ホームが遠かった。「ジェリー(サンズ)の状態が悪いし、ジュニア(4打数無安打のロハス)も。チカ(近本)が出てくれているだけにね」と指揮官。その拙攻を物語る満塁の呪縛を解かなければ、波に乗れない。(小松 真也)

試合詳細

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請