オコエ桃仁花、五輪反響…父の母国ナイジェリアでフィーバー

オコエ桃仁花(ロイター)
オコエ桃仁花(ロイター)

 東京五輪女子バスケットボールで銀メダルを獲得した日本代表のオコエ桃仁花(22)=富士通=が15日、オンライン取材に応じ、父の母国であるナイジェリアからの反響の大きさを明かした。

 五輪後、自身のインスタグラムのフォロワー数は約2万7000人に急増し、その中でもナイジェリアからのフォロー数はすさまじかった。「『ナイジェリア代表で出てください』とかメッセージも来ます。全世界が見ていたんだな」と驚きの表情。この日はナイジェリア・メディアへの取材対応もあり、五輪の影響力を改めて実感していた。

 現在は27日に開幕するアジア・カップ(ヨルダン)に向け、日本代表候補として都内で合宿を行っている。五輪こそスタメン出場は逃したが、若手中心の今大会では五輪メンバーの活躍が勝利への鍵となる。ナイジェリアでのオコエ・フィーバーでさらに自信をつけた22歳は「今できることを全力で頑張りたい」と力強く語り、大会5連覇に向けてやる気十分だった。(手島 莉子)

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請