【ソフトバンク】継投ミスで逆転負け 工藤公康監督「負けたので僕が悪い」

ベンチから厳しい表情で試合を見つめる工藤公康監督
ベンチから厳しい表情で試合を見つめる工藤公康監督

◆パ・リーグ ソフトバンク5―6ロッテ(15日・福岡ペイペイドーム)

 ソフトバンクが逆転負けを喫し、首位ロッテとは今季最大の8・5ゲーム差に広がり、リーグ連覇がますます遠のいた。

 甲斐野の続投が裏目に出た。板東が同点に追いつかれ、なおも6回1死満塁と絶体絶命の場面でマウンドに上がった3年目右腕。荻野を捕邪飛、菅野を空振り三振とピンチを防いだが、7回1死二塁から角中の左中間二塁打で勝ち越しを許した。

 この日、左手首の違和感からモイネロが復帰。当初16日の予定だったが、ブルペン投球を確認し前倒しで昇格が決まった。岩崎、森とともに一時は3人全員が不在だった「勝利の方程式」がそろったが、この日はモイネロの出番はなかった。

 「今日、モイネロを使うつもりはなかった」と明かした工藤監督。練習中にブルペンで投げ、その数時間後にもう1度、準備することが負担につながると考えての措置とみられる。「(継投は)シミュレーション通りいったんですけど…。最終的に負けたので、使っている僕が悪い」と肩を落とした。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請