【広島】正随優弥が連敗ストップ弾 通算2安打で2試合連続の3番起用を佐々岡監督「最初から決めていた」

7回1死一、二塁、正随優弥が左翼へ逆転の3ラン本塁打を放つ
7回1死一、二塁、正随優弥が左翼へ逆転の3ラン本塁打を放つ

◆JERAセ・リーグ 中日3―5広島(15日・バンテリンドーム)

 広島は逆転勝ちで、連敗を4で止めた。7回1死一、二塁で、3年目の正随優弥外野手が逆転の1号3ラン。初体験のヒーローインタビューで「ちょっと、ほっとしています。昨日ふがいない結果だったので、なんとか取り返してやろうという気持ちでした」と胸をなでおろした。

 14日はプロ初の3番で4打数無安打。2試合連続で同じ打順を任されたこの日も、初回は無死一、二塁で三ゴロ併殺に倒れた。5回に右前適時打を放って今季初打点を記録すると、「けっこうきつかったけど、あの1本でちょっと楽になりました」と次の打席で大きな仕事を果たした。

 このカード前までプロ通算2安打だった男を中軸に抜てき。佐々岡監督は「期待して出しているわけであって、本当に大きな一発でしたね。(調子が)良くて上がってきた中、早く使いたいというところで。この2試合は(相手の先発が)左というところで、最初から正随と決めていた。本当によく打った」と目を細めた。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請