昨季欧州王者のチェルシーが白星発進 ベルギー代表FWルカクが決勝ゴール

ゼニト戦に勝利し、サポーターに拍手を送るチェルシーのルカク(ロイター)
ゼニト戦に勝利し、サポーターに拍手を送るチェルシーのルカク(ロイター)

◆欧州CL 1次リーグH組第1節(14日) チェルシー(イングランド)1―0 ゼニト(ロシア)

 昨季王者のチェルシーが、ベルギー代表FWルカクの先制ゴールが決勝点となり連覇に向けて好発進した。

 エースの見せ場は後半24分。スペイン代表DFアスピリクエタの右クロスに頭で合わせ「素晴らしいボールが来たのでタイミングを合わせるだけだった」と感謝を口にした。

 2011年にベルギーから18歳でチェルシー入りした際は出番に恵まれなかったが、エバートンやマンチェスターUなどで大きく成長。インテルでも結果を残し、今年8月に古巣が150億円近い移籍金を払ってまで獲得に動いた。28歳になり、これ以上ない形での復帰を果たした大型ストライカーは「チームの勝利がうれしい」と好結果を喜んだ。課題だった決定力不足解消へ戦力アップに成功した前回王者が、今年度も優勝候補の一角だ。

チャンピオンズリーグはWОWОWで独占放送&配信!無料トライアルなど詳しくはこちら

サッカー

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請