関西学生アメフト10・2開幕発表 2ブロック4チームずつの総当たり戦から同順位対決へ

 関西学生アメリカンフットボール連盟は15日、大阪市内で理事会を開き、1部リーグは兵庫・王子スタジアムで10月2日に無観客で開幕することを決定し、日程を発表した。たけびしスタジアム京都など大規模会場の試合のみ有観客で実施。当初は9月3日の開幕を予定していたが、新型コロナウイルス感染拡大の影響で延期していた。

 参加する8チームはこの日までに2019年の順位を元にリモートで抽選を実施。今季はA、Bブロックに分け、まず4チームずつ総当たりのリーグ戦を行う。Aブロックは立命大、神戸大、近大、桃山学院大、Bブロックは関学大、関大、京大、同大に決定した。新型コロナ感染などによる試合出場辞退については不戦敗とする。最終順位は、各ブロックの同順位が11月13、14日の最終節(両日ともヤンマースタジアム長居)で対戦して決定し、上位3チームが2年ぶりに開催される全日本大学選手権(決勝は12月19日の甲子園ボウル)に進出する。7、8位は、2年ぶり開催の2部リーグとの入替戦にまわる。

 開幕節の10月2日は無観客で神戸大―近大戦、立命大―桃山学院大戦(王子スタジアム)を実施。同3日は上限5000人の有観客で京大―関大戦、同大―関学大戦(たけびしスタジアム京都)が行われる。現時点では、第2節1日目の16日、桃山学院大―神戸大戦、立命大―近大戦(たけびしスタジアム京都)の有観客開催までが決定している。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請