【阪神】今季9度目の完封負け サンズが2度満塁の好機で凡退

8回2死満塁、サンズが空振り三振に倒れる
8回2死満塁、サンズが空振り三振に倒れる

◆JERAセ・リーグ ヤクルト1―0阪神(15日・神宮)

 阪神は先発・小川に無失点に抑えられ、今季9度目の完封負けを喫し、2位・ヤクルトとのゲーム差は2・5に縮まった。

 プロ入り後、初の神宮でセ5球団勝利を目指した伊藤将だったが、初回2死三塁で村上に適時打を許し先取点を献上。しかし、そこからは3イニング連続で3者凡退に封じ、0を並べた。5回1死二、三塁ではスクイズを試みた小川のバントを捕飛で仕留め、三塁走者は戻れず併殺でピンチを切り抜けた。

 しかし、打線が援護できず、初回2死三塁で4番・マルテが三振。6回2死満塁でも6番・サンズが左飛に倒れ、得点のチャンスを逃し続けた。さらに、8回には2死から糸原が中前打で出塁し、申告敬遠と四球で、2死満塁。一打逆転の好機だったが、サンズが空振り三振に終わった。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請