【広島】正随優弥の1号3ランで逆転 5試合ぶり複数得点

7回1死一、二塁、正随優弥が左翼へ逆転の3ラン本塁打を放つ
7回1死一、二塁、正随優弥が左翼へ逆転の3ラン本塁打を放つ

◆JERAセ・リーグ 中日―広島(15日・バンテリンドーム)

 広島・正随優弥外野手が1―3の7回無死一、二塁で、逆転の1号3ランを放った。小園がバント失敗で走者を進められなかった直後の初球。「前の打席で1本出たことで、少し楽な気持ちで入ることができました。自分のスイングで捉えることできて良かったです」と内角低めの直球をライナーで左翼席へ運んだ。

 14日はプロ初の3番で起用され、4打数無安打に終わった。2試合連続で同じ打順。初回無死一、二塁では三ゴロ併殺に倒れたが、5回に右前適時打を放って今季初打点を記録すると、次の打席でも首脳陣の期待に応えた。

 4試合連続で1得点だったチームは、5試合ぶりの複数得点となった。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請