【巨人】戸郷翔征が7回122球の熱投も4失点で7戦勝ちなし

1回2死満塁、ソトに押し出しの四球を与え舌を出し悔しがる戸郷翔征
1回2死満塁、ソトに押し出しの四球を与え舌を出し悔しがる戸郷翔征

◆「JERAセ・リーグ公式戦」巨人―DeNA(15日・東京D)

 巨人の戸郷翔征投手が先発し、7回5安打4失点。122球の熱投も、勝利投手の権利を得ることが出来ずに7試合連続白星なしとなった。

 初回2死満塁からソトに先制の押し出し四球を与えるなど制球が定まらず計3四球。牧にも2点タイムリーを浴び、立ち上がりに3点を奪われた。2、3回も四球で出塁を許したが無失点。4回は1死二、三塁とピンチを背負ったが、後続を打ち取り追加点を阻止した。

 1点差に詰め寄った6回は牧にソロを被弾。この回を投げ終えた時点で球数は111球だったが、7回も続投。3者凡退に打ち取りマウンドを降りた。

試合詳細

巨人

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請