【高校野球】天理の中村監督と笠井部長に厳重注意措置 プロ志望届提出前の阪神スカウトと達の面談で

 日本高野連は15日、プロ野球志望届の提出前に、阪神のスカウトと奈良・天理の達孝太投手(3年)が面談したことについて審議小委員会で審議し、同校の中村良二監督と笠井要一部長に対して、厳重注意措置の指導をすると発表した。笠井部長と中村監督は、プロ野球志望届を提出する予定であれば、面談は可能であると誤った認識していた。

 達に対しては「部長、監督の指導にのっとって行動したのみである」として責任は問わないとした。合わせて、同校には再発防止をするため、改善計画書の提出を求めた。

 また、日本高野連は都道府県高野連を通じて、全ての加盟校に対し「高等学校野球部員のプロ野球団との関係についての規定」を改めて送付し、内容の周知徹底を図ることとした。

 8月31日に、天理の視察に訪れた阪神のスカウトから部員への進路調査書を受け取った中村監督は、同スカウトと面談の日程調整を行い、9月7日に面談を実施した。面談の際に笠井部長は隣の部屋で待機した。その時点で達はプロ野球志望届を提出しておらず、10日に奈良県高野連に提出した。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請