小祝さくら、目標の賞金女王へ「ここから勢いをつけて頑張らないと厳しい」 稲見萌寧と約3250万円差

小祝さくら
小祝さくら

 女子プロゴルフツアーの住友生命レディース東海クラシックは17日から3日間、愛知・新南愛知CC美浜C(6502ヤード、パー72)で行われる。今季ツアー5勝を挙げ、賞金ランク2位の小祝さくら(ニトリ)が15日、会場で調整を行った。

 前週のメジャー、日本女子プロ選手権コニカミノルタ杯で、賞金レースで争う稲見萌寧(都築電気)が優勝。30位だった小祝は約6か月ぶりに賞金ランク1位の座を稲見に譲った。「実際入れ替わったけど、(心境は)思っていたよりそんなに変わらないと感じている。でもまた状況は変わった」と冷静に口を開いた。

 今季ツアー獲得賞金は1億7321万7583円で、約3250万円差でトップの稲見を追いかける。今季はここまで41試合に出場してきて、10月に1週休むことも考えていたが、目標の賞金女王に向け「(コーチに)『出ることも考えた方がいい』と言われた。調子を見て決めようと思う」と戦い方を変えることも示唆。「賞金額も結構離れたので、ここからは勢いをつけて頑張らないと厳しい。自分が頑張るだけ、という感じです」と強い決意をにじませた。

 第1ラウンド(17日)は同学年の原英莉花(日本通運)、辻村明志コーチに師事する同門の吉田優利(エプソン)と同組でプレーする。

ゴルフ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請