新横綱・照ノ富士は無傷4連勝…カド番・貴景勝は辛勝で初日

貴景勝(左)は豊昇龍を突き落としで下す
貴景勝(左)は豊昇龍を突き落としで下す

◆大相撲秋場所4日目(15日、東京・両国国技館)

 新横綱・照ノ富士(伊勢ケ浜)は、幕内・北勝富士(八角)を引き落としで下し、無傷4連勝とした。三役以上では唯一全勝をキープ。平幕では霧馬山(陸奥)、妙義龍(境川)、千代の国(九重)が全勝とした。

 カド番の大関・貴景勝(常盤山)は、平幕の豊昇龍(立浪)を逆転の突き落としで下し、辛くも初日を出した。今場所は負傷した首の影響もあり、立ち合いの馬力が影を潜めて3連敗発進。負け越せば、2度目の大関陥落となってしまうが粘った。

 大関・正代(時津風)は、隆の勝(常盤山)を下し、3連勝(1敗)とした。

 5日目は照ノ富士が霧馬山(陸奥)、貴景勝が平幕の琴ノ若(佐渡ケ嶽)、正代が平幕の若隆景(荒汐)との一番に臨む。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請