京都洛北、6回同点で日没 抽選勝ちで4強入り!…第51回関西秋季大会 京都府支部予選

抽選に臨む京都洛北(左)と京丹後のナイン
抽選に臨む京都洛北(左)と京丹後のナイン

◆第51回関西秋季大会京都府支部予選 ◇中学生部▽準々決勝 京都洛北ボーイズ3-3京丹後ボーイズ=抽選で京都洛北ボーイズの勝利=(11、12日・伏見桃山城運動公園野球場ほか)

 「第51回関西秋季大会」(10月16日、兵庫・淡路佐野運動公園野球場で開幕。報知新聞社など主催)の各支部予選が始まった。京都府支部では、1回戦5試合と準々決勝1試合が行われ、抽選勝ちした京都洛北ボーイズが4強入り。時間切れとなった接戦を制した京都西京極ボーイズなどが、8強入りを決めた。兵庫県支部では、完封勝利した兵庫神戸ボーイズなどがベスト8進出を決めた。

 勝利の女神は、京都洛北にほほえんだ。3―3で6回を終えたところで、日没のため抽選へ。緊張の時間が終わり、勝利を手にした藤野主将は「勝てて良かった。欲を言えばもっと点を取って勝ちたかったが、勝ちは勝ちです」と安堵(あんど)の表情を見せた。

 初回に山口翔の左犠飛で幸先よく先制。3回に追いつかれたが、5回に藤野の適時内野安打などで2点を勝ち越した。だが、2番手でマウンドに上がったそのキャプテンが、6回にまさかの2失点。嫌なムードが漂ったが、なおも2死満塁と絶体絶命の危機を、粘りの投球で切り抜けたのが、大きかった。

 ハラハラ、ドキドキの試合を制して、4強入り。先発し5回途中まで1失点と好投した山口翔は「抽選で勝って、またチャンスをもらった。このツキも味方に優勝を目指したい」と笑み。笑う京都洛北に福は来るか―。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請