大迫傑氏「まだオフの延長という感じ」 現役ラストレースの東京五輪から約1か月…心境明かす

大迫傑氏(右)は五味トレーナーから施術を受ける
大迫傑氏(右)は五味トレーナーから施術を受ける

 東京五輪男子マラソンで6位入賞を果たし、現役引退を表明していた大迫傑氏が15日、都内で行われた「Re.Ra.Ku PRO Running 永田町店」のオープニングイベントに出席した。大迫氏が監修したランニングボディケアを体験できるランニングステーションで、カフェも併設されている。

 現役ラストレースと位置づけた東京五輪から約1か月。大迫氏は「どのマラソンも2週間から1か月はオフを取る。まだその延長という感じで、改めて特に思うことはない」と心境を明かす。8月末にSNSを通じて東京五輪を集大成とすることを発表。五輪での日本人最高記録での入賞に引退を惜しむ声もあるが「いい形で終わりたいと思っていたので」と決心は揺るがなかった。

 大迫氏は東京五輪後、ジュニア世代への指導を行う「シュガーエリートキッズ」をオンライン中心に開催。競技普及と次世代育成へ取り組んでおり「エリートについてもイメージや考えていることはある。活動を通して色々伝えていきたいと思うので、そこに注目していただけたらと思います」と話す。今後は国内だけではなく、米国やケニアといった拠点も活用しながら新たな道を駆ける。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請