嵐の櫻井翔「夢が詰まった作品」デビュー記念日に初のライブフィルムの先行公開が決定

 嵐の櫻井翔(39)が15日、都内で行われた映画「ARASHI Anniversary Tour 5×20 FILM “Record of Memories”」(11月3日ドルビーシネマ限定先行公開、同26日全国公開・堤幸彦監督)のジャパンプレミアに登壇した。

 黒いスーツで蝶ネクタイの正装で登壇した櫻井は「久しぶりにこういう登壇でソワソワしているんですけど」と苦笑いしつつ、「初めてのチャレンジがつまった作品。今日は、ハワイでデビュー会見をした日で。もう2年前になるんですよね。2年前のコンサートなんですけど、あの時の熱狂や我々の思いを真空パックに閉じ込めて、時の流れを感じずに見られる作品だと思う。満員のファンの人に埋め尽くされた会場をご覧頂きたいですし、客席で感じる一体感もある。1日でも早くそんな日がきて欲しい」と語った。

 2018年11月から19年12月まで計50公演、1ツアーとして日本史上最大の237万5000人の動員を記録した嵐の20周年ツアー「ARASHI Anniversary Tour 5×20」。このツアー期間中の19年12月23日、東京ドームで1日限りの「シューティング・ライブ」を敢行。「映画を撮影するために」行われたこともあり、通常とは異なる撮影を施した。嵐初主演映画「ピカ☆ンチ」(02年)を撮影した堤幸彦監督を始め、嵐に深く関わる映画やライブスタッフが集結。東京ドームの5万2000人のファンと嵐の5人を「一瞬たりとも撮り逃さないように」(堤監督)と観客の視界やステージ上にもカメラを配置。通常の4倍近い計125台のカメラで記録した。櫻井は「メンバー、スタッフ、観客が撮影のためにと、全員で1つの作品を作ろうと思って集まって頂いて。総力戦ですね。現場で冗談半分に話していましたけど、カメラマンが125人も集まってこの日だけは映画の撮影が止まっているのではと話していました(笑い)」と振り返った。

 メンバーと交流深いスタッフが通常とは異なる撮影を行ったこともあり、コロナ禍では味わえない大観衆との一体感と臨場感が詰まった作品に仕上がった。グループにとって初のライブ映画。今年6月の上海国際絵映画際ではGala部門とDolby Vision部門に史上初めて同時出品された。

 日本での公開は、グループのデビュー記念日である11月3日にドルビーシネマ限定で先行公開、大野智の誕生日の同26日に全国公開される。櫻井は「今日はハワイでデビュー会見をした日でもありますし。2つの記念となるような日に公開になります。これは、我々5人とスタッフがこだわり続けてきた日なので。映画の紹介文に『さあ、夢の続きを始めよう』とありますが、本当に夢が詰まった作品で。2年前のあの頃の夢、満員のお客さんが入った夢。ご覧になった方々にこれからの夢を感じて頂けたら幸いです」と頭を下げた。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請