ゲレロは4打数無安打で試合終了 大谷翔平も2打席連続三振 3試合ぶりの45号でゲレロに並ぶか

 ◆米大リーグ ホワイトソックス・エンゼルス(14日・シカゴ=ギャランティード・レイト・フィールド)

 エンゼルスの大谷翔平投手は14日(日本時間)、敵地のホワイトソックス戦に「2番・DH」で出場し、右腕ジオリトに第1打席が内角高めを空振り三振、第2打席が内角低め見逃し三振で今季の三振数は170になった。

 一方、13日45号を放ったV・ゲレロ内野手(ブルージェイズ)は、本拠のレイズ戦、遊撃併殺打、中直、遊ゴロ、三ゴロの4打数ノーヒットでチームも0―2で敗れた。

 大谷は10日のアストロズ戦で44号を打った後、ゲレロが11日から3日連続のアーチで45号まで伸ばし、6月28日以来守ってきた本塁打トップの座を譲っていた。

試合詳細

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請