大谷翔平投手の次回登板は日本時間18日アスレチックス戦 103年ぶりの「2桁勝利&2桁本塁打」目指す

大谷翔平投手(ロイター)
大谷翔平投手(ロイター)

 エンゼルス・大谷翔平投手の次回登板が17日(日本時間18日午前10時38分)の本拠地・アスレチックス戦が確実になった。マドン監督が14日(同15日)のホワイトソックス戦の前に会見で「(大谷の先発は)何も問題がなければ、金曜日(17日)になるだろう」と示唆した。勝てば米大リーグでは1918年レッドソックス時代のベーブ・ルース以来103年ぶりの「2桁勝利&2桁本塁打」を達成する。

 大谷は前回登板10日(同11日)のアストロズ戦で4回途中9安打6失点で今季2敗目を喫し、日本人選手最長の連勝記録が8で止まった。アスレチックス戦は今季2試合に登板して0勝1敗、防御率2・25。7月19日は6回無失点ながら援護無く、白星に結びつかなかった。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請