リトアニア移籍の本田圭佑が胸中語る リトル・ホンダは「迷わず行け」一時は引退選択肢も

本田圭佑
本田圭佑

 元日本代表MF本田圭佑が14日、音声配信サービス「Now Voice」でリトアニア1部のスードゥバに加入すると明らかにした。海外では8か国目のプレー。6月にアゼルバイジャン1部ネフチ・バクーを退団して以降、新たな所属クラブを探していた。

 クラブの公式会見に先駆けて「Now―」で対応した本田は、リトアニア移籍の決め手に関して、シーズンが年内に終わることと優勝争いをしているクラブであったことを説明。背番号は自身初めてとなる「3」で、視聴者から「リトル・ホンダからは何と言われた?」と質問されると「迷わず行け、と言ってました」と苦笑交じりで答えた。

 目標を聞かれると「試合数ぶんの点数を目標にしようかな」と本田。アゼルバイジャン時代も目標に掲げ失敗に終わったテーマだが「難しいと思いますけどハードルを上げていきたい」と言葉に力を込めた。

 Jリーグでのプレーを含めると今回が9か国目。プレーした国を増やそうとする理由を聞かれると「もともと選手として一番になりたくて。でもそれが実質叶わなくなった。辞めようかという選択肢もあったけど、諦め悪いけど悪あがきしたい。居続けたら何かしらの世界一を目指せないかなと思った」と胸中を語った。そのうえで新たに掲げたのは、1部リーグでのプレー数とゴール数での世界一。「僕にしかできないことであれば、僕にとって新たな挑戦になるのかなと思う」と目を輝かせた。

サッカー

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請