ルアー「Nei―Crank」…かけ上がり時威力発揮「誰にでも使いやすいルアー」

だれもが使いやすいNei―Crank
だれもが使いやすいNei―Crank

 人気釣り具の開発秘話や今後を探る「釣り具探訪」。今回は静岡・長泉町にあるオフィス・ユーカリの後編。初心者から上級者まで誰にでも簡単に使えるルアー「Nei―Crank」、ルアー回収器「ルアーキャッチエボリューション フローティング」を紹介する。石川優美子代表の釣りへの愛情がこもった逸品だ。

 「Nei―Crank」は「誰にでも使いやすいルアー」をコンセプトに作られたクランクベイトだ。ボディーが扁平(へんぺい)でリップ(ルアーの口元に付いたプラスティックの潜行板)が大きめなので、水の抵抗を受けやすく「誰でもゆっくり巻けば2・5メートル潜ります」と石川代表。ゆっくり巻いても、しっかりと頭と尻を左右に振るウォブリングをして魚を誘う。

 さらにルアーのバランスがいいので、より遠くへキャストでき、これまで届かなかった場所も狙える。浮き上がりにくいので、底近くにいる魚を狙うのに最適だ。「このルアーは魚が底に張り付いている時やかけ上がりを狙う時に威力を発揮します」という。

 これまで同社のプラグ(浮力を持ったハードルアー)は、製作会社に委託して作っていた。しかし「このルアーは、一から全て自社で製作したため、設計から型を製作する過程など、全てが初めてで模索続きでした。しかし、だからこそ細やかな部分まで手直しができた」と石川代表は出来上がりに満足している。

ライフ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請