ユニクロがスウェーデンのオリパラ委員会と契約延長…パリ大会もサポート継続

株式会社ユニクロの有明本部で笑顔を見せる、スウェーデンオリンピック委員会の ピーター・レイネボCEO(右)と、株式会社ファーストリテイリングの柳井正・代表取締役会長兼社長 。(ユニクロPR事務局提供)
株式会社ユニクロの有明本部で笑顔を見せる、スウェーデンオリンピック委員会の ピーター・レイネボCEO(右)と、株式会社ファーストリテイリングの柳井正・代表取締役会長兼社長 。(ユニクロPR事務局提供)

 衣料品大手のユニクロは15日、2019年1月に締結したスウェーデン・オリンピック委員会とのメイン・オリンピック・パートナー契約、および同国オリンピック、パラリンピック委員会とのオフィシャル・クロージング・パートナー契約を2年間延長すると発表した。

 今回の延長により、2024年パリ五輪、パラリンピックも対象となり、引き続きサポート。スウェーデン選手団の大会ウエアなどを提供することとなる。ファーストリテイリングの柳井正・代表取締役会長兼社長は「この夏の世界的スポーツ大会で、ユニクロのウエアを着用したスウェーデンチームの活躍に強く感銘を受けました。来年の北京大会、そして2024年パリ大会でも、LifeWearを通じてスウェーデンの選手、スタッフの皆さんのサポートを継続できることをとてもうれしく思います。スウェーデンのより良い社会作りに貢献し、明るい未来の実現に向けて共に前進してまいります」などとコメントを発表した。

 スウェーデンは、今夏の東京五輪で陸上男子棒高跳びのデュプランティスが金メダルを獲得。陸上男子円盤投げでは、スタールが金、ペッテションが銀メダルに輝くなど、陸上フィールド種目で躍進。馬術でも障害馬術団体で金メダルを手にするなど、好成績で注目を集めた。同国オリンピック委員会のピーター・レイネボCEOは「ユニクロには非常に素晴らしいサポートをいただき感謝しています。ユニクロのLifeWearは選手たちのベストなパフォーマンスを引き出し、期待以上の成果を上げてくれたと思います。今回の契約延長により、ユニクロとのパートナーシップをより強化し、未来に向けた新しいシナジーを確立していけると確信しています」と期待を込めていた。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請