吉田羊と奥平大兼が2度目の「親子役」 アフラック新CMで共演 17日からオンエア

新CMで2度目の親子役を演じた吉田羊(奥)と奥平大兼
新CMで2度目の親子役を演じた吉田羊(奥)と奥平大兼

 女優の吉田羊と俳優の奥平大兼(17)が親子役で共演する、アフラック生命保険の新商品「しっかり頼れる介護保険」の新テレビCM「おじいちゃん子」編と「お金の負担」編が17日から全国でオンエアされる。

 ふたりは、昨年10月にオンエアされたTBS系ドラマ「恋する母たち」以来、2度目の“親子役共演”。CMは、同居する父が脳梗塞(こうそく)で倒れたことから介護生活が始まった女性(吉田)と、その息子(奥平)とのやりとりを通じて、将来への備えとしての介護保険の重要性と、介護状態に合わせて保障する新商品の特性をアピールする。

 介護の専門家から指導を受けた吉田は、初めての介護に奮闘する女性の不安や葛藤を、その表情や立ち居振る舞いでリアルに表現。そして、第44回日本アカデミー賞で新人俳優賞を獲得した奥平が、母の苦労を察し、さりげなく支える息子を自然体で演じている。

 これまで介護保険を意識したことがなかったという奥平は「おばあちゃんととても仲がいいので、考えちゃいますね」と同居する祖母に思いをはせた。吉田は、そんな奥平の様子に「大ちゃん、すごくやさしいもんねぇ」としみじみ。昨年共演したドラマのクランクアップの日、奥平から手編みのマフラーをプレゼントされたことを明かすと、「しかもおそろいなんですよ、“親子”で。そんな息子います?感動ですよ。びっくりしちゃった。その気持ちがとてもうれしかった」と本当の母親のように目を細めた。

 CMは、そんな演技派ふたりによるさりげなく、そして温かい親子愛を丁寧に描いている。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請