【巨人】鍬原拓也が7回2失点で支配下復帰後初白星 2軍は楽天に勝利

勝利投手の鍬原拓也
勝利投手の鍬原拓也

◆イースタン・リーグ 巨人6―5楽天(14日・G球場)

 巨人2軍は楽天と対戦し、6―5で勝利した。

 先発した鍬原は、走者を背負っても落ち着いた投球で6回まで無失点。7回に2死二、三塁のピンチで吉持に2点タイムリー二塁打を浴びたが、7回115球、4安打2失点と試合をまとめた。8月下旬に支配下昇格後初白星を挙げた右腕は、「序盤からあまりテンポが良くない中、野手の皆様が点数を取ってくれて、しっかり守ってくれて何とか7回を投げきることが出来ました。リードを守ってリリーフにバトンを渡せて良かったです」と振り返った。

 打線は初回1死から重信が右越えへ2号ソロ、なおも2死二塁から香月のタイムリーを放ち、2点を先取。3回にも香月の2点適時二塁打が飛び出すと、5回は1死三塁から中田、香月の連続適時打で、5回までに6点を奪った。

 8回から登板した2番手・平内が楽天打線につかまり3失点。1点差とされたが、9回は井納が3者凡退に抑え、試合を締めた。

巨人

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請