【阪神】マルテが起死回生の同点3ラン!7回“幻のポール超え弾”打ち直しで価値あるドロー

回1死一、二塁、左中間へ同点3ラン本塁打を放ったジェフリー・マルテは、筒井壮コーチ(左)と喜
回1死一、二塁、左中間へ同点3ラン本塁打を放ったジェフリー・マルテは、筒井壮コーチ(左)と喜

◆JERAセ・リーグ ヤクルト4―4阪神(14日・神宮球場)

 阪神のジェフリー・マルテ内野手が土壇場で起死回生の同点3ランを放った。

 9回に先頭・近本がヤクルトの守護神・マクガフから四球を選ぶと、1死から糸原も四球。ここでマルテが2ボール1ストライクから左中間席に同点の18号3ランを放り込んだ。

 マルテは7回無死一、二塁でも左翼ポールの上端を上回る大飛球を放ったが、阪神ベンチのリクエストも実らずファウルとなっていた。結局、その打席は捕邪飛に倒れたが、敗色濃厚の展開から、見事なリベンジ。ベースを一周すると、チームメートとラパンパラのポーズを決め、大盛り上がりだった。

 その裏はスアレスが打者3人で打ち取り、阪神は勝ちに等しい貴重な引き分けをもぎ取った。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請