馬トク会員募集中!

馬トク指数・外厩入り馬トク出馬表・成績

全レース出馬表・データ・成績を提供中  中山 中京

【ローズS】連勝中のマリアエレーナ、叔母のミスフィガロに続いて秋華賞切符狙う

秋華賞切符を狙うマリアエレーナ
秋華賞切符を狙うマリアエレーナ

◆第39回ローズS・G2(9月19日・芝2000メートル、中京競馬場)

 3日間開催の今週は、牡牝の3冠最終戦を目指す戦いが東西で行われる。秋華賞トライアルのローズS・G2(19日、中京=3着まで優先出走権)は、上がり最速の末脚で2連勝中のマリアエレーナがスタンバイ。14日、栗東・CWコースで追い切られ、シャープに動いた上がり馬が、先週の紫苑S3着だった叔母のミスフィガロに続き、権利を奪取するか。

 勢いある夏の上がり馬が牝馬3冠最終戦の権利奪取を狙う。マリアエレーナは登録メンバーで唯一、1勝クラス→2勝クラスを連勝中。昨秋のデビューからマイル中心に使われてきたが、2走前に初めて2000メートルに距離を延ばし、今回と同舞台で待望の2勝目をもぎ取った。前走は前めにつけて器用に立ち回ってのVで、脚質に幅が出た印象だ。ともに上がり最速の末脚で2000メートル戦を制し、高島助手は「折り合いがつくし、これぐらいの距離がベスト。(これまでの)ジョッキーも『体重以上に体を大きく使う』と言ってくれますからね」と能力を高く評価する。

 先月19日に滋賀・信楽牧場から帰厩。2か月ぶりの実戦になるが、「暑い時期に放牧に出ていたので、うまく調整できています」と同助手は満足げ。吉田厩舎のルーチンで、この日に栗東・CWコースで最終追い切り。馬場の外めを単走で駆け、2周目は9分どころを回って5ハロン70秒2―11秒5と、馬なりでシャープな動きを見せた。「11日に併せ馬で速い時計を出していますし、反応を確かめる程度でした」と意図を説明。その1週前は同コースで6ハロン80秒3―11秒6。3勝クラスの古馬を追走し、5馬身突き放している。

 前走時418キロと小柄な馬体でひたむきに走るが、叔母のミスフィガロも先週の紫苑Sに416キロで出走(3着)し、秋華賞の権利を勝ち取った。3代母が8日に老衰で死んだブロードアピールで、叔父にダービー馬ワグネリアン。「ブロードアピールの血が入っててタイムリーですよね。プラス体重で出せそうだし、しっかり結果を出してほしい」と高島助手の期待は大きい。馬名の由来はメキシコのワルツ調の曲名。末脚を武器に重賞の舞台で最高のダンスを披露する。(玉木 宏征)

競馬

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請