【巨人】新外国人・ハイネマンが来日初打点「犠牲フライで1点取ろうとは考えていなかった」

8回1死三塁、中前適時打を放ち村田修一コーチ(右)とタッチをするハイネマン
8回1死三塁、中前適時打を放ち村田修一コーチ(右)とタッチをするハイネマン

◆JERAセ・リーグ 巨人2―3DeNA(14日・東京ドーム)

 巨人のスコット・ハイネマン外野手が来日初打点を挙げた。3点を追う8回1死三塁の好機で代打で登場。右腕・ロメロに2球で追い込まれたが4球目の変化球を振り抜き、中前適時打を放った。

 犠飛でも得点できた場面だったが、「あの場面は犠牲フライで1点を取ろうとは考えていなかった」とキッパリ。「1点を取って、なおかつ自分が出塁し、まだチャンスをすぐに作れる状況にしたかった。試合には負けてしまい悔しいが、初打点はすごくうれしいよ!」とコメントした。

試合詳細

巨人

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請