【巨人】1番・吉川、2番・松原、3番・坂本の打線組み替えも2点止まり 元木ヘッド「もう1本が出ない」

4回1死二、三塁、中島宏之の遊ゴロの間に生還した三塁走者・岡本和真を迎える原監督(左)と元木ヘッドコーチ
4回1死二、三塁、中島宏之の遊ゴロの間に生還した三塁走者・岡本和真を迎える原監督(左)と元木ヘッドコーチ

◆JERAセ・リーグ 巨人2―3DeNA(14日・東京ドーム)

 巨人の元木大介ヘッドコーチが試合後、取材に応じ「打線がつながってこない。もう1本が出ない」と嘆いた。

 「いろいろ考えながらやっている」と、この日は昨季の後半戦でチームを引っ張った1番・吉川尚輝、2番・松原聖弥の「ナオマツ」コンビを再結成。3番には4月7日の阪神戦(甲子園)以来に坂本勇人が座った。それでも得点は4回の中島の三ゴロの間の先制点と8回の代打・ハイネマンの適時打のみだった。

試合詳細

巨人

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請