【巨人】DeNA戦6連敗 山口俊が危険球退場で2番手・田中豊樹が勝ち越し2ラン被弾

7回1死、ソトの頭部に死球を与えた山口俊(カメラ・中島 傑)
7回1死、ソトの頭部に死球を与えた山口俊(カメラ・中島 傑)

◆JERAセ・リーグ 巨人2―3DeNA(14日・東京D)

 巨人は好投を続けていた先発・山口俊が7回、ソトへの危険球で退場すると、2番手の田中豊樹が牧に勝ち越し2ランを浴びた。8回にS.ハイネマンの初打点となるタイムリーで1点差にまで詰め寄ったが、DeNA戦6連敗となった。

 打線は4回に岡本の四球から亀井善行が左越え二塁打でつなぎ、二、三塁として、中島宏之の遊ゴロの間に、1点を先取した。その後も追加点のチャンスをつくるが、あと1本が出なかった。

 先発の山口俊は6回まで1失点投球を続けていた。7回1死を取ったところでソトに対して頭部付近への死球を与えて危険球退場となった。2番手でマウンドに上がった田中豊樹がルーキーの牧に勝ち越しの17号2ランを左翼スタンドへ運ばれてしまった。

 2点ビハインドの8回に代打・大城卓三の右翼線二塁打などで、1死三塁として代打のS.ハイネマンが来日初打点となる中前適時打を放って1点差に詰め寄ったが、後続を断たれた。

 巨人は同カード、2分けを挟んで6連敗となった。

試合詳細

巨人

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請