【DeNA】巨人戦6連勝! 桑原将志同点弾、牧秀悟勝ち越し弾 ロメロ8回途中2失点で2勝目

7回1死一塁、牧秀悟が勝ち越しとなる17号2ラン本塁打を放ち、ベンチ前でナインとタッチ
7回1死一塁、牧秀悟が勝ち越しとなる17号2ラン本塁打を放ち、ベンチ前でナインとタッチ

◆JERAセ・リーグ 巨人2―3DeNA(14日・東京ドーム)

 DeNAが、逆転勝ちで、巨人戦は2引き分けを挟んで6連勝とした。

 序盤は投手戦。DeNA先発・ロメロ、巨人先発・山口が好投を見せて3回までは両軍無得点で進んでいった。4回に1死二、三塁で中島の遊ゴロの間に1点が入り、DeNAは1点の先取点を失った。

 打線がようやく目を覚ましたのは、田代巡回打撃コーチを中心に円陣を組んだ直後の6回。先頭の桑原が左中間席へ同点の10号ソロを放った。7回にはソトへの頭部付近への死球で山口が危険球退場。緊急登板となった2番手・田中豊の初球を牧が左中間上段に17号2ランを放って勝ち越した。桑原は4年ぶりの2ケタアーチに「イニングの先頭だったので、自分のスイングで出塁できればと打席に向かいました。最高の結果となりうれしいです」とうなずくと、牧は「打った瞬間、本塁打になると思いました。ロメロが頑張っていたので援護できうれしいです」と興奮気味に振り返った。

 ロメロは4回に1点を失ったが、5回以降は再びスコアボードに「0」を並べ続けた。自己最長8回1死までで100球を上げて5安打2失点の好投で2勝目。1点リードの8回1死一塁は2番手・エスコバーが代打・北村、坂本を2者連続三振に斬った。

試合詳細

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請