【巨人】原監督、8回先頭から「4者連続代打」勝負の采配で1点差に迫る

8回1死三塁、代打・ハイネマンが中前適時打を放つ(捕手・山本祐大)
8回1死三塁、代打・ハイネマンが中前適時打を放つ(捕手・山本祐大)

 ◆JERAセ・リーグ 巨人―DeNA(14日・東京D)

 巨人の原監督が2点を追う8回、4者連続代打の勝負に出た。

 先頭の8番小林の代打・大城が右翼線二塁打。続く9番鍵谷の代打・ウィーラーは右邪飛で大城がタッチアップして1死三塁。1番吉川の代打・ハイネマンが中前適時打で1点差に迫ると、DeNAは先発ロメロから左のエスコバーに投手交代。すると、原監督は2番松原に代打・北村を送った。北村は見逃し三振だった。

試合詳細

巨人

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請