【箱根への道】東海大・本間敬大主将「4年間で一番走り込んだ」エリート軍団がスマートさ捨てた

スポーツ報知
今年1月の箱根駅伝で7区を走った本間敬大

 勝負の大学駅伝シーズンが、今年も始まる。2年ぶりの開催となる出雲駅伝(10月10日)を始め、全日本大学駅伝(11月7日)、そして箱根駅伝(22年1月2、3日)へと熱き戦いは続く。前回の箱根路を13年ぶりに制して今季の3冠を目指す駒大を中心に、東京五輪代表を擁する順大、2年ぶりの王座奪回に燃える青学大などが頂点を競う。昨季に続き、新型コロナウイルス感染防止に努める“新様式”のレースとなるが、学生たちの駆ける思いは変わらない。

 エリート軍団がスマートさを捨てた。東海大はスピード中心だった昨年までの取り組みを、夏合宿で一新。20キロ以上の距離を泥くさく踏み、本間敬大主将(4年)は「4年間で一番走り込んでいる。ポイント練習だけではなくジョグの質も上がった。すごくいいサイクル」と手応え。今春卒業した塩沢稀夕(現富士通)ら最上級生3本柱を中心に前回5位。目標の3大駅伝3位以内へ抜けた穴は小さくないが、今季安定の市村朋樹(4年)や石原翔太郎(2年)らがカギになる。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請