八角理事長、カド番・貴景勝のまさかの3連敗発進に「余裕がない。苦しいね」

貴景勝(奥)は逸ノ城の上手投げに屈して3連敗
貴景勝(奥)は逸ノ城の上手投げに屈して3連敗

◆大相撲秋場所3日目(14日、東京・両国国技館)

 自身4度目のカド番で臨む大関・貴景勝(常盤山)は、小結・逸ノ城(湊)に上手投げで敗れ、初日から3連敗となった。負け越せば、2度目の大関陥落。不調の大関について、八角理事長(元横綱・北勝海)は「自分の持ち味の相撲ができないのでは、今場所は大変ですよ。ぶちかましていくタイプだからね。苦しいのは苦しいですよ」と案じた。

 この日、貴景勝はもろ手突きで立ち合うも、体重206キロの巨漢・逸ノ城に押し込まれて一気に土俵際へ。一度見合って、押し込んで反撃したが、最後は右四つに組まれて逆転の上手投げで屈した。

 先場所は、逸ノ城戦で首を痛めて途中休場。持ち味である立ち合いの馬力は影を潜めており、八角理事長は「(貴景勝は)ちゃんと治っていないのか、当たるのが怖かったのか、わかないけど…。余裕がないよね。自分の態勢が悪くても出ていかないと負けてしまうから、出ていくしかない。苦しいね」と評した。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請