【広島】森下暢仁また勝てず…自己ワースト6失点で初の5戦連続白星なし

5回1死二塁、大島洋平に追加点となる中前適時打を打たれた森下暢仁(中央)
5回1死二塁、大島洋平に追加点となる中前適時打を打たれた森下暢仁(中央)

◆JERAセ・リーグ 中日―広島(14日・バンテリンドーム)

 広島・森下暢仁投手は6回を8安打、自己ワースト6失点で降板し、勝利投手の権利は得られなかった。

 2回に2死から連打で失点。渡辺の右前打と木下拓の右中間への適時二塁打で先取点を与えると、3回に福留の適時打、5回に大島の適時打で追加点を許した。6回には振り逃げと四死球で2死満塁を迎え、堂上に走者一掃の二塁打。3暴投も失点に絡むなど、リズムに乗れなかった。

 東京五輪後は未勝利で、5試合連続で白星を逃すのは自身初。7月14日の中日戦(マツダ)以来の7勝目が遠い。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請