ミスユニバース静岡代表・金原遥花さんは元郵便局員・・・日本大会22日開催

ミスユニバース日本大会に出場する金原さん
ミスユニバース日本大会に出場する金原さん

 ミス・ユニバース日本大会が22日、都内で開催される。3月に行われた「2021ベスト・オブ・ミス静岡」で優勝した浜松市出身のモデル・金原(きんぱら)遥花さん(26)=静岡協同エージェンシー=が静岡県代表として出場する。大学時代に日本テレビ系情報番組「ZIP!」の県内お天気キャスターを務めた170センチの長身美女。予選を勝ち抜いた34人の頂点に立てば、県出身者では07年に世界大会で優勝した森理世(34)以来の日本代表となる。

 念願の舞台に立つ。金原さんは3度目の挑戦で「ベスト・オブ・ミス静岡」のグランプリを受賞。コロナ禍でモデル業が制限される中、ジムのインストラクターとしても働きながら体作りに励み「絶対に優勝しなきゃいけなかった。本当に良かったです」と振り返る。

 「ミス・ユニバース」との出会いが、原石を輝かせた。小学時代からモデルの徳沢直子(36)が好きで、芸能界への憧れは抱いていたというが「遠い夢だと思っていた」と、大学卒業後は浜松市内の郵便局員として窓口業務をこなしていた。

 転機は社会人2年目の19年。かつて指導を受けていた大学教授から「こんなのがあるよ」とミス・ユニバース静岡大会のパンフレットを渡されたことだった。「自分を変えたい」と応募し、大会後に現所属事務所からスカウトを受けてモデルとしての一歩を踏み出した。

 アピールポイントは「まだ伸びている」という170センチの長身と、テレビ局に直接電話してお天気キャスターに応募した行動力。夏には候補者と合宿を行い「最初は『いじめられないかな』って思ってたんですけど、みなさん本当に性格がいい」と「内面の美しさ」も選考基準となる本番前に刺激を受けた。「当日は自分らしく、笑顔で楽しみたい」。浜松から世界一へ、夢への挑戦は続く。(内田拓希)

 ◆金原 遥花(きんぱら・はるか)1995年4月4日、浜松市生まれ。26歳。中学ではテニス部でプレーヤー、浜松湖南高ではラグビー部のマネジャーを務めた。常葉大外国語学部英米語学科卒業。170センチ。家族は両親と姉。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請