大関・正代、会心相撲で連勝 新横綱の独走は許さない「1敗を守って後半まで争って行けたら」

◆大相撲秋場所3日目(14日、東京・両国国技館)

 大関・正代(時津風)は、平幕・北勝富士(八角)を寄り切りで下して2連勝(1敗)とした。三役以上では新横綱・照ノ富士(伊勢ケ浜)が唯一全勝をキープ。1差で食らい付く大関は「ずっとついていけたらなという感じですね。1敗を守って後半まで争って行けたらなとは思っています」と闘志を燃やした。

 立ち合いは突き押しの北勝富士の威力を食い止めると、左をのぞかせて反撃。前に前にと自慢の圧力を掛け、会心の内容で土俵外へ運んだ。「立ち合い的には遅れた感覚があったんですけど、遅れたなりに左がのぞいてくれたので、何とか残ることができたのかなと。(好内容で)流れとかいい方向に向いてくれるのかなと思いますね」と振り返った。

 西大関でカド番・貴景勝(常盤山)は初日から3連敗と不調。まずまずの滑り出しとなった正代は「内容も体の動きも悪くないと思うので、このままの流れで自分の相撲を取り切れたらいいなと思っています」。2度目の賜杯へ、着実に白星を積み重ねる。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請