大月みやこ「大変光栄なこと」東京・国立劇場で異例の演歌コンサート

国立劇場で初のコンサートを開催した大月みやこ
国立劇場で初のコンサートを開催した大月みやこ

 演歌歌手の大月みやこが14日、東京・隼町の国立劇場で初めてコンサートを開催した。

 歌舞伎・日本舞踊など日本の伝統芸能振興のため1969年に設立された同所で、歌謡曲・演歌の公演は極めて異例だという。昨年9月に開催予定だったが、新型コロナ感染拡大の影響で延期に。1年越しの大舞台に、大月は「日本文化の殿堂で、愛すべき日本の歌謡曲をお届け出来ることは、大変光栄なこと、今日までの歌の道、その集大成と感じています」と胸を張った。

 琴・鼓・太鼓・しの笛・三味線にフィーチャーした代表曲「女の舞」で開幕。大月も幽玄な能の舞を披露し、国立劇場ならではの壮大な幕開けを飾った。20年間にわたって出演した座長公演の再現や代表曲「女の港」、新曲「夢のつづきを」など全25曲も披露。“集大成”にふさわしいステージで約800人を魅了した。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請