松本穂香、「カメ止め」上田監督の短編映画に主演「とにかく楽しかった」

舞台あいさつに登壇した松本穂香
舞台あいさつに登壇した松本穂香

 女優の松本穂香が14日、都内でオムニバス映画「DIVOC―12」(10月1日公開)の完成披露試写会に小関裕太、藤原季節、ロン・モンロウらと出席した。

 「12人の監督とCOVID―19(新型コロナウイルス)をひっくり返したい」という思いで作られた12本の短編を集めたオムニバス。「カメラを止めるな!」の上田慎一郎監督がメガホンを執った「ユメミの半生」で主人公・ユメミを演じた松本は「とにかく楽しかった。上田監督は最初から最後まで楽しそうで『もう1回!』を『OK!』みたいなテンションで言っていた」と振り返った。

 上田監督は「ユメミを穂香ちゃんにお願いして良かった。『こんな子やったんや』って教えてもらった。僕が書いたキャラクターを上書きしてくれた」。共演した小関も「気恥ずかしくなるようなシーンでも全くそんな様子はなく、『集中しないといけない』と思って背筋が伸びました」と語った。藤井道人監督、三島有紀子監督も出席した。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請