【DeNA】三浦大輔監督約1分抗議 送りバントが守備妨害で打者アウト、進塁認められず

3回無死一塁、送りバントを狙ったロメロだったが守備妨害のためアウトとなったプレーで球審に説明を求める三浦大輔監督(捕手・小林誠司)
3回無死一塁、送りバントを狙ったロメロだったが守備妨害のためアウトとなったプレーで球審に説明を求める三浦大輔監督(捕手・小林誠司)

◆JERAセ・リーグ 巨人―DeNA(14日・東京ドーム)

 DeNA・三浦大輔監督が、約1分間抗議するシーンが出た。

 両軍無得点の3回無死一塁。ロメロがバントでボールを転がし、捕球した捕手・小林が一塁に送球し、一塁走者の山本は二塁に進み、成功(一塁アウト)したかのように見えた。だが、一塁に走り出した際に、ロメロが小林の動きを妨げたとしてロメロが守備妨害でアウト、二進した山本も一塁に戻された。

 ロメロは一塁へ一直線に走ったようにも見えたこともあってか、三浦監督はベンチを飛び出して責任審判でもある西本球審に説明を求めた。約1分間でベンチに戻ると、西本球審から場内には「打者走者のロメロ選手が、小林捕手の守備を妨げたとして、守備妨害としてロメロ選手はアウト。1アウト一塁で再開します」とアナウンスされた。

試合詳細

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請