東京ホテイソン・たける、主演映画も撮影わずか1日に驚き ショーゴは「目の演技見て!」

映画「劇場版ほんとうにあった怖い話~事故物件芸人3~」の舞台あいさつをおこなった(左から)天野裕充監督、東京ホテイソン・たける、ショーゴ
映画「劇場版ほんとうにあった怖い話~事故物件芸人3~」の舞台あいさつをおこなった(左から)天野裕充監督、東京ホテイソン・たける、ショーゴ

 お笑いコンビ「東京ホテイソン」の、たける(26)、ショーゴ(27)が14日、東京・池袋シネマ・ロサで主演映画「劇場版ほんとうにあった怖い話~事故物件芸人3~」(天野裕充監督)の舞台あいさつを行った。

 たけるは「違う映画に出たことはありますが、ここまで抜てきされたのは初めてです」と主演作品ににんまりも「1日で撮るんです。あっという間でした」と苦笑いを浮かべた。一方の相方・ショーゴは「(自分の出番は)ちょっとですから。疲れませんでした」と話した。

 たけるは「ポスター撮影で(ホラー映画なのに)怖い顔が出来なくて…。オペラ歌手みたいで悔いが残る」と話した。

 ショーゴの出演シーンはたけるとの会話の場面。「漫才以外では会話しないので…。漫才の間になるのは良くないなと思って…」と勝手が違うシチュエーションに戸惑ったという。それでも「いっぱい練習したので、目の演技を見て欲しい」と訴えていた。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請